美食グルメ

   
黄金色の表皮で、外がサクサク中が柔らかい鍋餅は、嚙めば嚙むほど香りが広がり、爽やかな歯ごたえがあります。鍋餅の餡は肌理細やかでしっとりしていますが、油っこくありません。皮はこんがりして、一口嚙めば、小麦粉の香りの中に棗あんこのわずかに酸っぱい果物の香りまたは小豆餡の少し甘い小豆の香りが重なって、口の中で広がります。大人も子供も皆お気に入りです。

ロックインピーナッツは伝統的な北京点心(モチアワの粉に砂糖や餡に入れて蒸し、きな粉をまぶしたもの)をアレンジして、きな粉の代わりに落花生を細かくつぶした粉を使い、もち米で作った生地で包みました、元々は満州族宮廷料理の代表デザートでもあり、柔らかいもち米の甘い香りとつぶあんのまろやかさ、いつになっても人気の一品です。

芋あん捲きの外はサクサクして、中の芋あんは滑らかで全然しつこくありません、両面を油で焼いてゴマをまぶし、もち米の皮に香りが増し、中の餡とさらにマッチします。どのスイーツも注文を受けてから作るので、焼き立てでお召し上がりください。

自家製梅ジュースは圍爐の看板料理の一つです。代々伝わる秘伝に脂肪や血圧を下げる漢方薬のサンザシをメインに配合し、油の吸収を抑える烏梅(乾していぶした梅の実)を加え、さらに息を整える氷砂糖を入れて煮込で作ったジュースです。自家製梅ジュースは食後の消化を助ける飲み物だけでなく、有機酸やビタミンなどを豊富に含んでいます。味は甘酸っぱいですが、アルカリ性に属す食物で、肉類を沢山食べても、自家製梅ジュースは血液中の酸とアルカリのバランスを良くして、血液をさらさらに、食欲を増すことも、実に酸菜白肉鍋に欠かさないパートナーです。